イズモ葬祭

Now Loading...

ご葬儀の流れ

ご葬儀準備

01 お近くのイズモ葬祭へ、昼夜問わずご連絡ください。

ご葬儀準備のイメージ

24時間体制を取っておりますので、ご連絡後、迅速に係員がお伺い致します。
個人葬から社葬・団体葬まで、お手伝い致します。

※ご希望により通夜室・式場も専用にご用意致します
※お迎えは、認可の下りた搬送専用車をご用意。県外搬送も可。
※宗派に応じた枕飾やドライアイス等もご用意。

02 近親者の集合

ご葬儀準備のイメージ

訃報の連絡を親戚、近親者、関係者にお伝えし、一刻も早くお越しいただき、喪主を決め、ご葬儀の場所、日時などを相談します。
お近くのイズモ葬祭へ、昼夜を問わずご連絡ください。

【喪主の決め方】
ー般的には、法律上の相続人がなる事が多い様ですが、その家の事情により異なります。
(例:夫が死亡し、子供が成人前などの場合、妻が喪主)

03 死亡診断書の受け取り

ご葬儀準備のイメージ

右側が医師の診断書(検案書)、左側が死亡届になっています。
死亡届の記入方法は当係員が、ご説明させていただきます。
自宅で亡くなられた場合、かかりつけの医師より死亡診断書をいただきます。
病院の場合も同様です。

04 僧侶(または神職、牧師)に通知・打ち合わせ

ご葬儀準備のイメージ

僧侶の都合もありますので、ご葬儀の日時、人数、お布施などを確認します。
(枕経をお願いします。)

地域の風習や時間帯によっては、すぐには連絡が取れない事もありますが、できるだけ早く連絡するのが良いでしょう。

05 死亡届の届け出

ご葬儀準備のイメージ

死亡届の届け出により、埋葬(または火葬)許可証が交付されます。
死亡届の受付は、市民課や住民課戸籍係です。
当社にて代行手続きを承ります。

※土日・祝日でも受付しています。
※認印(径8mm以上)が必要です。(シャチハタ印等のスタンプ印は使用不可)
※埋葬(または火葬)許可証は再発行されませんので、紛失しないようにご注意ください。
※地域により異なりますので事前にご連絡ください。

06 日時等の通知

ご葬儀準備のイメージ

親戚、仕事関係、友人、町内等に手分けして、
(1)お通夜の日時・場所
(2)ご葬儀の日時・式場 などを連絡をします。

【通知方法】
※町内の回覧板、電話、ファクシミリ、メール、新聞の訃報広告など

07 ご葬儀の仕様・費用等の決定

ご葬儀準備のイメージ

ご遺族様やお世話係の方々と、当社の係員を交え、十分な打ち合せを致します。

【費用】
※寺院などの関係
※祭壇、返礼品、料理、引出物等を打合せ致します。
※出雲殿互助会会員の方は互助会証書をご用意ください。

08 お手伝い担当の依頼

ご葬儀準備のイメージ

ご隣家・ご近所の方、会社、団体の方など、お手伝いをしていただく方にご相談していただきます。

【お手伝いの役割】
受付、交通関係、接待等に人員を配置していただきます。

09 式場の設営・飾り付け

ご葬儀準備のイメージ

当社では、通夜・ご葬儀の場所と宗派に応じて、速やかに設営・飾り付けを行います。

【式場が自宅の場合は、祭壇を設置する】
※お飾りをする部屋の押入れ等から必要な物を出しておきます。
※受付、焼香、案内看板なども準備。
※供物類、生花・花環などの数の確認。
イズモ葬祭に安心してお任せください

ご葬儀

10 お通夜

ご葬儀のイメージ

お通夜は、故人と親しかった人たちが亡き人を偲び、交代で線香や灯を絶やさないようにします。

【ニ日にわたる通夜】
前々夜が仮通夜…親族、縁者等
前夜が本通夜…一般の方々/通夜返し、通夜ぶるまいのおもてなしが必要となります。(地域により異なります。)

【納棺】
以前は通夜の後に納棺される事が多かったようですが、近年では御遺体を考慮して早めに納棺されます。
※地域によって異なりますので事前にご確認ください。

11 ご葬儀/告別式

ご葬儀のイメージ

ご葬儀は故人の生涯のさまを表現するセレモニーですから、真心のこもった式を執り行いたいものです。 ご葬儀の司会・進行は当社にお任せください。

【ご葬儀/告別式】
※弔電の整理(順序など)
※焼香順位(地域により異なります)
※供物等の記帳

12 お別れ

ご葬儀のイメージ

ご葬儀終了後(先に火葬の場合は出棺前)に、故人との最後のお別れとして、お花を手向けていただきます。

※お別れ花の準備
※出棺時の霊柩車・送迎用バス・タクシー等の手配

13 謝辞・出棺

ご葬儀のイメージ

喪主または、遺族代表者が会葬者に謝辞述べた後、出棺を致します。

※謝辞では生前の御礼、当日の会葬および、ご芳志に対する御礼、そして今後の変わらぬお付き合いをお願いします。

14 斎場

ご葬儀のイメージ

ご遺体は近親者に守られ火葬場へ到着します。
故人の思い出話などをしながら、控室で火葬が終わるのを待ち、その間、茶菓子等で飲食をするのが普通です。

【拾骨】
点火から1時間30分或いは2時間程で拾骨になります。
埋葬許可証が交付されますので、紛失しない様に保管。
納骨の際、墓地の管理人に埋葬許可証を提出します。

15 三日・七日の法要

ご葬儀のイメージ

ご葬儀後に法要を行い、料理等を用意し、故人を偲びながら会食を致します。

【精進落とし】
※三日、初七日(十日祭)のお勤めの後、料理等を用意し、僧侶や近親者、そしてお手伝いの方々にも会食をしていただきます。
なお、三日目(初七日)の引出物もお渡しします。

ご葬儀後

16 ご葬儀後の必要事項

ご葬儀後のイメージ

近隣や親戚などお世話になった方々へのお礼等、ご葬儀後の後片付けは大変なものです。
国民年金手帳・健康保険証等の抹消手続き、世帯主の変更等、市役所への届け出(亡くなった日から14日以内)は早めに行ってください。
自宅飾りの片付け・集金等に関しましては、当社の担当者と事前に打ち合わせください。
ご都合に合わせてお伺いさせていただきます。

※香典・供物の整理・記帳
※精算

17 法事・法要

ご葬儀後のイメージ

故人への感謝を込めて…
忌明け・初盆・一周忌等、故人に対する思いを、期日を区切って形にあらわすものが、法事・供養です。
これらに必要な品々もご要望に合わせてご用意させていただきます。

【法要】
年忌表(神式・キリストでは異なります)
一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、五十回忌、百回忌。 一般には、三十三回忌までというように、途中を略すなどさまざまです。

【忌服期間】
忌の期間はご逝去後忌明けまで、服の期間はご逝去後一カ年とされています。

【忌服期間に注意すること】
喪中(死後一年以内)には、結婚式などのめでたい席に臨む事や、神社へ参拝する事も控えるのが通例です。 正月の飾り付け、年始回り、年賀状等も控えます。

私たちは、旅立つ人と見送る人の想いを大切にします

フリーダイヤル

「何からはじめたらいいのか分からない」など、葬儀に関する不安や疑問はお気軽にご相談ください。専門スタッフが、親切丁寧にサポートいたします。